メニュー

ランキング 24時間集計

目次

【超時短ツール】ComfyUI Managerの使い方とインストール方法

SoreNutsからのお知らせ

 新規記事
3/20に【ComfyUI】ランダムなカラーパターンからイラストを作る方法を公開!
2/28に【ComfyUIでControlNet】img2imgのワークフローの解説を公開!
 更新記事
4/1に服装のプロンプト(呪文)一覧を更新!
3/30に【ComfyUI】img2imgのワークフローの解説を更新!
3/25にポーズのプロンプト(呪文)一覧を更新!

ComfyUI Managerの必要性や出来ることついて解説します。非常に便利なカスタムノード(拡張機能)なのでComfyUIを使っている人は是非導入しましょう。ComfyUIのアップデートもこのカスタムノードから行えます。

目次

ComfyUI Managerは本当に必要?

ComfyUI Managerは「超時短ツール」です。カスタムノード(拡張機能)という位置付けになります。

主に出来ることを見ていきましょう。

  • カスタムノード(拡張機能)の検索/追加
  • カスタムノード(拡張機能)の無効化/有効化
  • カスタムノード(拡張機能)のアップデート
  • ComfyUI本体のアップデート
  • ダウンロードが可能:Upscaler
  • ダウンロードが可能:ControlNetのモデル
  • ダウンロードが可能:VAE
  • ダウンロードが可能:Embeddings

どうでしょうか。非常に便利だと思いませんか?

ComfyUI Managerを使わない選択も可能ですが、これらを全て手動で行う必要があります。

インストールは簡単

Gitのコマンドを使うだけです。

Gitをインストールしていない方

https://git-scm.com/downloads

このURLから「Git」をダウンロードしましょう。インストールは全てデフォルト設定で問題ありません。

ComfyUIフォルダにある「custom_nodes」フォルダにGitコマンドを使います。

「custom_nodes」フォルダに移動しましょう。

1

2

3

このファイルがある場所です。

何もない場所で右クリックをして「ターミナルで開く(T)」を選択します。

現在のディレクトリでターミナルが開けました。

ここにgit cloneコマンドに続いて、ComfyUI Managerの「GitHubリポジトリ」を打ち込みます。

git clone https://github.com/ltdrdata/ComfyUI-Manager.git

こちらをコピペで問題ないです。

EnterキーでGitコマンドを実行できます。

ComfyUI-Managerが追加されたことを確認してインストールは終了です。


使い方

メニューに「Manager」と「Share」が追加されています。

「Manager」をクリックして機能を見ていきましょう。

左から見ていきます。一般的に使う機能を紹介していきます。

ManagerのShare機能を使う人は稀だと思うので、非表示にしておきます。「Share: None」にすればボタンが消えます。

Preview method」はサンプラーの途中経過が分かります。面白い機能ですが、ほんの少し負荷が掛かるみたいですね。

Preview method: TAESD (slow)

Badge」はカスタムノードを大量に使う人にとって便利です。

カスタムノードがどのGitHubリポジトリから追加されたものか分かります。

Comfyroll Studioで追加されたもの

標準搭載のノードはこのアイコンだけです

中段がメインコンテンツです。

それぞれの機能を軽く解説します。非常に分かりやすいUIのため、どの機能も直感的に使うことができます。

Install Custom Nodes

カスタムノード(拡張機能)の検索/追加

カスタムノード(拡張機能)の無効化(Disable)/有効化(Enable)

仕様の説明を少しします。

カスタムノードをインストールした後にRESTART(再起動)とブラウザの更新を求められます。

どちらも行わないとそのカスタムノードは使うことができません。

Install Missing Custom Nodes

第三者のワークフローを閲覧した時に、インストールしてないカスタムノードをここからインストールできます。

Install Models

便利機能です。様々なファイルがダウンロードできます。

ダウンロードが可能:Upscaler

ダウンロードが可能:ControlNetのモデル

ダウンロードが可能:VAE

ダウンロードが可能:Embeddings

Install via Git URL

GitリポジトリのURLからカスタムノードをインストールできます。基本使いません。

Update All

全てのカスタムノードとComfyUI本体のアップデートを行います。この機能を使う方が一番多いと思います。

こちらも再起動とブラウザの更新を求められます。

Update ComfyUI

ComfyUI本体のみアップデートを行います。

Fetch Updates

カスタムノードのアップデート情報を取得します。「Install Custom Nodes」から個別にカスタムノードをアップデートできるようになります。

Alternatives of A1111

Automatic1111の代替となる機能を持ったカスタムノードのインストールが可能です。


掲示板

コメントする

このフォームは reCAPTCHA によって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。
目次