メニュー

ランキング 24時間集計

目次

【初心者向け】ComfyUIをインストールする2つの方法

SoreNutsからのお知らせ

 新規記事
3/20に【ComfyUI】ランダムなカラーパターンからイラストを作る方法を公開!
2/28に【ComfyUIでControlNet】img2imgのワークフローの解説を公開!
 更新記事
4/1に服装のプロンプト(呪文)一覧を更新!
3/30に【ComfyUI】img2imgのワークフローの解説を更新!
3/25にポーズのプロンプト(呪文)一覧を更新!

公式のComfyUIインストール手順の紹介です。Automatic1111とモデルの共有方法も記載しています。

目次

軽く紹介

どちらも非常に簡単です。

1つ目の方法は「ファイルをダウンロードして解凍する」だけ。

2つ目の方法は「非公式ランチャーをインストール」して使う方法。

おすすめは1つ目です。公式なので安心です。

1つ目を試して起動しなかった場合のみ、2つ目を試してみてください。

公式のインストール方法

ComfyUI本体をダウンロードします。

ComfyUIの公式リポジトリに飛びましょう。

https://github.com/comfyanonymous/ComfyUI

下にスクロールして「Direct link to download」をクリックしてダウンロードしましょう。

文字通り「直リンク」なので、即座にダウンロードが始まります。

ダウンロードしたファイルを「7-zip」で解凍します。※エラー回避のために、可能であれば7-zipを推奨します。

解凍には少々時間が掛かるので、その間にComfyUIをインストールする場所を決めましょう。

起動はいつもここからするので、覚えやすい場所がいいと思います。

今回筆者はこの場所にインストールします。

解凍したファイルに入ってるこれらのファイルを移動します。筆者はそのまま「3」のフォルダに移動します。

「run_nvidia_gpu」から起動することになるので、覚えておきましょう。

今回はエラーチェックのため、生成のテストまでします。

そのためにモデルを入れますが、別のWeb UIを使っている場合「モデルの共有」ができるのでこれも紹介します。

モデルの共有をする場合

ファイルの内容を書き換えることで共有できます。

ComfyUIフォルダーの中に「extra_model_paths.yaml.example」というファイルがあります。

このファイル名の「.example」を削除しましょう。

そしてこのファイルをメモ帳などのテキストエディタで開きます。※これはVSCodeの画面です

Automatic1111用のプリセットがあらかじめ用意されています。

「base_path」の部分を書き換えるだけで、モデルやVAE、LoRAなどのモデルが自動的に共有されます。

今回は筆者はこのように変更しました。

追加でControlNetのパスが違ったので書き換えています。

恐らく皆さんも同じように書き換える必要があると思います。

extensions/sd-webui-controlnet/models
モデルの共有はしない場合

ComfyUI → models → checkpointsの順にファイルを開きましょう。

「put_checkpoints_here」と書かれたファイルがある場所にモデルをコピーします。

それでは「run_nvidia_gpu」からComfyUIを起動してみましょう。

自動的にブラウザが開きますが、開かれない場合は次のURLにアクセスしましょう。

http://127.0.0.1:8188

モデルが読み込まれているか確認しましょう。モデル名をクリックすることで変更できます。

右下の「Queue Prompt」から生成できます。

お疲れ様です。エラー無く生成できたらこれでComfyUIの導入は終了です。

ここから先は次の順番で記事を読んでいくと効率的にComfyUIを使いこなせるようになります。

時間がありましたら、この記事も面白いので見てみてください。Automatic1111とComfyUIを比較した記事です。


非公式ランチャー「pinokio」を使う方法

非常にマイナーですが、ComfyUIを全国民に使ってほしいという思いがあるので、こちらも紹介します。

メリット
  • 足りないツールやライブラリをインストールしてくれる
デメリット
  • ランチャーのバグかComfyUIのバグか分からない
  • いつまでサポートしてくれるのか分からない
  • フォルダーの構造が分かりづらい
  • ファイル容量の肥大化
  • 情報が少なすぎる
  • 手順が違うため、今後他の解説記事を参考にし辛い
  • 自動化が多いため透明性が低い

メリットが初心者にとって非常に強力なので、使ってみる価値はあります。

どうしても使いたいけどエラーが出て利用できない場合は、このランチャーを試してみましょう。

まずこちらのサイトに飛びます。

https://pinokio.computer

中央にある「Download」ボタンからインストーラーをダウンロードできます。

インストーラーを起動するとそのままこの画面に移行します。

インストール先を指定して「Save」を押すと「pinokioのインストール」が始まります。

「Welcome.」と表示されます。次にComfyUIを「Discover」から見つけましょう。

必要なツールやライブラリといったコンポーネントが自動で検出されます。インストールしましょう。

ある程度時間が掛かるので気長に待ちます。もしかしたら選択肢が出てくるかもしれません。

インストールが完了しました。OKをクリックすると次に進みます。

ComfyUIのフォルダ名をここで変更できます。今回はデフォルトのままでいきます。

後はホーム画面からComfyUIを起動できるようになります。

実際にURLにアクセスして起動確認をしてみましょう。

http://127.0.0.1:8188


掲示板

コメント一覧 (2件)

  • 偶然今日ComfyUIを試したくなったので助かりました、正直触ってみてもイマイチ理解が出来なかったので使い方記事も楽しみにしています

コメントする

このフォームは reCAPTCHA によって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。
目次